内科治療|全ての病気は早期発見・治療が大切

病気を防ぐ為に

つり下がった点滴

脂質異常症と言うのは、発症すると大変な症状が出ます。脂質が増える事によって多くの病気の引き金になるでしょう。その原因は生活習慣によるものです。アルコールや脂質の多い食事のとり過ぎによって健康を害するのです。

Read more »

自覚症状がない問題

医師と手袋

糖尿病を抱えている人は、自分のインスリン分泌量と血糖値のバランスが崩壊していることに自分で気づくことができません。自覚症状がないケースが多く、健康診断で発覚することもよくあるといわれています。

Read more »

病気の治療

看護師と医師

人間の病気には様々なものがありますが、その中でも重大な病気は進行状態によって生命の危機に瀕してしまいます。
初期症状があれば早く病気に気づきやすいですが、病気の中には初期症状が発生しないものもあるので重度の症状になるまで気づかない場合も多いのです。
病院では診療科目によって数多くの病気を治療することができ、診療科目の中でも臓器や組織などを診る内科は日本全国に多くあります。
もしたくさんある診療科目からどの科目へ受診して良いか分からない場合は、まず内科へ行くことで専門医がその人に合った診療科目を紹介してくれることもあります。
病気の中でも現代病とされている糖尿病は主に毎日の不規則な生活から症状を発症してしまいます。
食物繊維やビタミンではなく、毎日脂質や糖質ばかりを摂取してしまうとコレステロール値が高くなってしまい、身体に負担をかけてしまうのです。
糖尿病は一度発症してしまうと完治ができないとされているので、症状の進行を抑えるためにも日々の生活で食事制限が必要になります。
食事療法は糖尿病だけではなく痛風にも効果的だとされており、食事を変えることで痛風の原因となる尿酸値を下げることができます。

睡眠時無呼吸症候群では寝ている間に呼吸が止まってしまう病気で、更年期の状態でもかかりやすい病気とされています。
更年期以降はホルモンバランスの分泌が急激に減少することから睡眠時無呼吸症候群になりやすいのです。
病気には多くのものがありますがそれぞれ対策や治療法が異なるので、自分の症状で何か違和感があればすぐに病院で検査を受けることが大切です。

食生活の見直し

処方された薬

痛風の方は生活習慣の見直しが必要です。その中でも食事については特に気をつけなければならなく、低カロリーで野菜たっぷりの食事に変えることで症状を改善できるのです。

Read more »

予防しておく

薬と注射器

睡眠時無呼吸症候群は、生活や身体に悪影響を及ぼします。日頃から肥満に気をつけ、就寝前のお酒を減らすなどで予防することができ、治療についてはマウスピースを利用する方法もあります。

Read more »

症状の改善

薬と転がったカップ

年齢を増すごとに更年期障害のリスクは増えていきます。生活に支障のない軽度の症状であれば市販のサプリなどで症状を改善することができ、重度になると医療機関で診てもらう必要があります。

Read more »