業者をきちんと選ぶ

自動車

海外は安全基準が異なる

事故車の買取は一般的にはあまり高額査定がつきません。しかしながら、メンテナンスや修理をしっかりとすれば、事故者であっても人気車であれば安く見積もられることはありません。もちろん、事故車はいくらメンテナンスや修理をしても安全性が少し落ちますので、国内での販売は難しいです。しかしながら、海外においては安全基準が日本国内とは異なります。したがって、海外に販売ルートを持っている業者を選ぶことをおすすめします。そうであれば十分に買い手がつく可能性がありますので、買取査定も高くなる傾向があるのです。これは事故車に限らず中古車全般に見られる近年の傾向です。また、自社工場で部品解体をしてパーツ販売をしている業者もおすすめです。外装部分に大きなダメージを負った事故車であっても、内部のエンジン、エアコン、バッテリーなどが使用可能であれば、スペアパーツとして再利用することができてパーツ販売ができます。ただし、注意点もあります。一般的な中古業者に持っていっても廃車扱いされて無料同然で引き取られることもありますし、手数料が取られる可能性もあります。きちんと事故車の取り扱いをしていることを明記している買取業者を選ばなければいけません。ちなみに、買取査定を出す前に修理をするのは禁物です。修理しても査定価格が低ければせっかくの修理費用がもったいないです。事故の経緯をきちんと説明してそのままの状態で査定してもらいましょう。