内科治療|全ての病気は早期発見・治療が大切

病気を防ぐ為に

つり下がった点滴

「脂質異常症」とは一言で言えば血液中の資質がて規制値を超えて増えすぎる病気の事を指します。 人間ドックや健康診断での血液検査で発覚することが多く、コレステロール値や中性脂肪値の血中に含まれる数値で確認できます。 脂質異常症は通常は自覚症状もなく、放置される場合が多いですが、動脈硬化につながり、最悪の場合は心筋梗塞や脳梗塞と言った重大な病気となり、死に繋がる場合もあります。 脂質異常症の原因の多くは食生活や運動不足によってもたらされます。特に食生活では動物性脂肪の高い乳製品や肉類を好んで食べるたり、アルコールの飲み過ぎも要因となります。 その他、一部では遺伝的な要素で脂質異常症となっている場合も見受けられるようです。

脂質異常症は、生活習慣病の一つです。肉食中心や乳製品を多く含む食事や野菜不足の食事を重ねているか、不規則な生活や、過度なストレスを長期間受けていると血液成分に異常をきたし始めます。血液サラサラの健康な状態から血液ドロドロの状態になると、病的症状を引き起こす脂質異常症の発症に繋がるのです。 脂質異常症は、初期には何の自覚症状もなく、ゆっくりと血管の老化現象を進めてしまうサイレントキラーの一つなのです。血液が脂質と言うコレステロールで満たされ体内で消化されきれないために、血管内に付着し始めてコブのようになり、血流を阻害又は遮断して組織を壊死させてしまうことと、コブが剥がれ血塊となり血流にながされて肺に辿り着けば肺血栓症になり、脳内に辿り着けば脳梗塞を起こし、身体に重篤な症状を引き起こすのです。 脂質異常症を予防するには、食生活を改め規則正しい生活と睡眠を取りストレスを貯めないことと、血液サラサラにさせてくれるDHAとEPAを多く含むサバ・マグロ・サンマ等の青魚を多く食べるか、サプリメントを服用することが最適とされています。